実母に言われて損傷だった学生時代の苦い日記と、傍と交わした何気ない応酬

俺が、何とかブラを買ってもらったのは、中学生最初年生の春でした。いわゆる動作ブラという物体でしたが、当時の俺には、相当平たいおっぱいに、つけるだけで、ワンサイズ大きくなったかのような感じがして、さんざっぱら嬉しかったのを覚えています。そして、部活もはじまり、疲れ困ぱいで、疲れた体をお風呂で温めていた企業、忽ち、お母様がお銭湯にやって来て、戸を開け、何となく、目的を話し、言い出し終えて、長らくあって、「あんた、ないなぁバスト、母さんのほうが、あんたぐらいの時は、なおさらあったわ」ショックで、戸を閉め、去っていうお母様に、頂点気にしていたことをサラッと言われて、お風呂場で、やや放心時点だったのを覚えています。それから、本で、バストアップのコツを見つけては、履行しておりましたが、どうも平たいおっぱいは大きくならず、その事を気にしていた、当時の個々とは、毎日のように、お互いにもてあそびあいっこをして、私のほうがいるわ?とか、やむなく、私のほうが大きい!などと、どんぐりの伸長比べをしてました。b-upはおっぱいが大きくなると評判です。